はなたろう日記

オットさんと0歳娘との日々

感謝。

 

ブログをはじめて1年が経ちました。

 

なんでもすぐに飽きてしまう私が1年も続けられたのは、読んでくださる方がいらっしゃったからです。

 

ありがとうございます。

 


このブログを書き始めたのは、妊娠したかもというときでした。

 

相談相手がいないので、気持ちを整理することが目的でした。

 

妊娠中は時間があるのでブログはとても良い息抜きでした。

 

楽しくて産後もついつい続けてしまいましたが、娘が生まれて4ヶ月にもなるとバタバタで、ブログを更新することが少し負担になってきました。

 

そして、負担になるならやめよう!と思いました。

 


いろいろなことが一度にできないくせに、娘をみながらも、そろそろ何か記事を書かなくちゃとか、みなさんのブログを見に行かなくちゃとか、考えてしまうのです。


娘は私の表情をよーく見るので、違うこと考えてるな。とわかっていると思います。

 

ここ1週間ほど、ブログを開かないようにしてみたところ、娘にちゃんと向き合えているように感じたので、ここできっぱりやめることを決めました。

 

もう少し器用だったり頭がかたくなければ続けられたかもしれませんが…。

 


読ませていただいていた方のこれからが気になってしまったり、心配事や嬉しかったことを言葉にしたくてウズウズすることもあるかもしれません。

 

でも決めたこと。


オットさんと娘と、なかよく、小さな幸せを大切に暮らしていきます。

 

 

ブログとはいえない日記を読んでくださった方、コメントやスターをくださった方、いつも励みになっていました。

 

心より感謝いたします。

 

ありがとうございました(*^^*)!!

 

瞳。

 

授乳中は曲やラジオを流しています。

 

先日、数年ぶりにaikoを聴きました。

 

aikoは恋愛の曲が多いけれど、赤ちゃんのことをうたっている曲があったことを思い出し聴いてみました。

 

『瞳』という曲です。

 

 

2、3回聴くうちに歌詞が頭に入ってきて、涙がじわじわと流れてきました。

 

なかでも最後の
「そしていつかは必ず訪れる
胸を体を頭を心をもがれるような
別れの日も来る
そんな時にもきっと愛する人がそばにいるでしょう」

という歌詞には胸が締め付けられます。

 

 


まだまだ出会ったばかりの娘。

 

これからの成長の日々を想うことはあっても、別れの日まで想像することはありませんでした。

 

いつかはこの子と別れる日が来る。

 

そう思うと悲しい涙が出ます。

 

でも、別れる日が来るとわかっていれば、その日までをいかに大事に過ごすか、いい思い出をたくさん残せるかと、プラスに考えることもできます。

 

 


aikoの『瞳』。

 

いま聴いてよかったです。

 

娘の心に残る思い出がたくさんできるよう、1日1日大切にしたいと思います。


(授乳しながら泣いている母親を見て娘は困惑顔ののち顔をくしゃくしゃにして泣きました。ごめんよ。)

おしゃべり。

 

娘は生後100日を越えました。

 

1日1日成長を感じています。

 

昨日までできなかったことが今日はできているということが多くて驚かされます。

 

首を回して私たちの動きを追ったり、

 

両手を擦り合わせたり、

 

ミトンをうまくはずしたり、

 

物をにぎって口に持っていったり。

 

 


そんな娘が、ある日突然たくさん声を発するようになりました。

 

前の日までは声をかけたら「あー」「うー」とこたえる程度だったのに、その日は朝からひとりでおしゃべり。

 

声のバリエーションも豊富で、短かったり長かったり、高かったり低かったり、途中に「っ」が入ったり、聞いていて楽しいです。

 

コミュニケーションが一方的だとむなしくなったり寂しく感じたりすることも多かったのですが、娘からの発信があるとかわいさも数倍増しです。

 

親バカフィルターのせいで、娘の声が「おはよー」、「わかんない」、「やだー」のように聞こえちゃったりします。

 


娘の声はちょっとハスキー。
(赤ちゃんってみんなそうなのでしょうか?)

 

その声でどんなことをお話ししてくれるのかなぁ…と今から楽しみです。

 

我が家は『ママパパ』ではなく『お母さんお父さん』にしているので、「お母さん」と呼ばれるのはまだまだ先になりそうですが…。

 

私たち夫婦はあまりおしゃべりではないと思うのですが、娘がおしゃべりさんだったら家庭がさらに明るくなって楽しいだろうなぁ~と期待しています。

 

エール。




2月末で異動のオットさん。

 

勤務地が変わります。

 

電車通勤から車通勤になったり、同じ部署の人数が今の倍以上になったり、大変そうです。

 

オットさんは医療職。


私が以前やっていたのと同じ仕事です。


私は2年で心が折れましたが、5年目を迎えるオットさん。すごいなぁと思います。

 

 


そんなオットさんに「お疲れさま」と「これからも頑張って」の気持ちを込めてお菓子を作りました。

 

といっても、バレンタインのとき残って冷凍しておいた生地を切って焼くだけ!簡単です!

 

バレンタインのときはとにかく完成させることに一生懸命で、どうしても「風の谷のナウシカ」のオームっぽさが否めませんでした(T-T)↓

 

hanamyhana.hatenablog.com

 

 
なので、今回はおしゃれな見た目を目指しました。

 

ドレンチェリーは前回より小さく切って花形にしたり(ヒトデっぽくなりました…)、ホワイトチョコでコーティングして細かく切ったナッツを散らしてみたり。

 

 
f:id:hanamyhana:20180223154425j:image

 

 


仕事から帰ってきたら家事育児を手伝ってくれて、お休みの日は買い物に連れていってくれたりお散歩に付き合ってくれて、今年建てる家の打ち合わせに行ってくれて、オットさんは自分の時間があまりないです。

 

それに加えて新しい職場への異動。

 

慣れるのはきっと大変で、疲れてしまうのでは…とオットさんの心と体が心配です。

 

すこしでもサポートしたいという気持ちを込めてお手紙も書いて一緒に渡しました。

 

 
f:id:hanamyhana:20180223154530j:image

 

 

いつも私を支えてくれるオットさん。

 

歳は離れていますが、年下の私にも遠慮せず甘えたり、相談したり、愚痴を言ったりしてほしいです。

 

参った。

 

誕生日を迎えた午前2時頃。

 

授乳をする前に水を飲みに起きると、テーブルの上にパンダ柄の封筒がありました。

 

あ。

 

毎年誕生日にはお互いお手紙を書いていること、すっかり忘れていました。

 

必ずと言っていいほどオットさんからのお手紙を読んだら泣いてしまう私。

 


手紙には手を触れずに娘のもとへ戻り授乳しながら、なにが書かれてるかな?と想像しました。

 

「いつもありがとう。大好きだよ(オットさんはこういうことを恥ずかしがらずに言う人です)。これからも3人で仲良く暮らそうね。」

 

こんな感じかな?

 

これだったら大丈夫。
泣かずに済んじゃうな~。
あんまり予想しないほうが良かったかな。

 

授乳を終えて手紙を開くとオットさんの丸い字で、

 

「誕生日おめでとう。

前の誕生日の時は、まさか今回を家族3人で迎えることになるとは思いもしなかったね。」

 

導入から想像をはるかに上回る素敵な表現…。

 

この1年間のいろいろなことを思い出し、あっさりと涙がこぼれてしまうのでした。

 

そして「大好きだよ」ではなく、
「はなたろうと一緒になれたことが人生最大の喜びです。」と書かれていました。

 

本当に参りました。

 

 

 

涙を拭いて、寝ているオットさんの横に戻り、寝顔を見つめているうちにすぐ眠りに落ちました。

 

飽きっぽい私が全く飽きないオットさん、不思議な魅力にやられてしまっているんだなぁと思います。

 

これからも仲良くいたいです。

 

みんなに会える。

 

娘と過ごして終わる毎日で、予定などほとんどなかったのですが、友人から集まろうとお誘いがありました。 

 

専門学校のときの友人。5人で集まります。

 

ひとりが結婚してなかなか会えないところに引っ越してしまうのです。

 

 

集まる場所は都内。

 

私は都内に行くには電車でも車でも2時間はかかる距離に住んでいます。

 

娘がまだ小さくて、遠出したことがないので、移動も人混みも心配ですが、どうしても行きたいのです。

 

それは、私とオットさんが出会ったのはその専門学校だからです。

 

みんなは、私が「オットさんのこと好きかも…!」と相談したときから見守ってくれました。

 

私のこともオットさんのこともよく知るみんな。

 

私たちの娘に会ってもらいたいに決まっています。

 

 

オットさんに相談すると、
少し渋い顔はしましたが「それは行きたいよね…!」と了承してくれて、電車は心配なので車で送ってくれると言ってくれました。

 

感謝!

 

 

1ヶ月先の予定ですが、絶対に元気でみんなに会うために、病気しないように気を付けます。

 

遠出の準備も脳内リハーサルもしっかりやります。

 

あとは、髪を切りに行きたい。

 

服を買いたい。

 

みんなに何か渡したい。

 

車内で流すオットさんが好きな音楽借りてこよう!


とか、全く予定のなかった日々に1つ予定ができただけで、いろいろ小さな予定ができて心が忙しくなってきました(^^)

 

嬉しい嬉しい。

 

幸せ感じてます。

 

今年はサブレ。

 

今年のバレンタインは、ココアサブレを作りました。

 

オットさんと出会ってから7回目のバレンタイン。

 

いつも手作りしています。

 

 

 

今回は生後3ヶ月の娘を見ながら。

 

夕飯は手抜きになることを了解してもらったので心に余裕をもってゆっくりと…と思ったら、とんでもなかったです。

 

朝8時から準備し始めたのに生地ができたのはお昼頃でした。

 


娘のことを気にしながら作ったからか思い通りにはできなくて、生地をしぼってプレッツェル型にするつもりでしたが生地が固すぎたのか出てこず…。結局、筒状にしてから切って簡単にしちゃいました。

 
f:id:hanamyhana:20180214154927j:image


手がベタベタなので娘が泣いたときにすぐにあやしに行けず、娘には可哀想なことをしてしまいました。

 

生後3ヶ月のこどもがいながらお菓子作りというのは無謀だったかもしれません。

 

娘にごめんなさいです。

 

あとでいっぱい戯れました。

 

 

 

オットさんと一緒に暮らすようになってからはラッピングせず渡していたので、久しぶりにラッピングしました。

 
f:id:hanamyhana:20180215072634j:image

 

私にとってバレンタインは日頃の感謝を伝える大切な日。

 

できる限り手作りを続けたいです。