はなたろう日記

妊娠中期になりました。

涙の餃子づくり。

先日、今年やりたいことのひとつだった「皮から餃子を手作りする」を実践することができました。

 

オットさんはもちもちの皮が好きだというし、こどもが生まれたら一緒に手作りしたいからその練習に!なんてやる気満々ではじめたのですが、

 

大失敗に終わったのでした。

 

うまくいったのは生地をこねて、丸めて、寝かせる段階まで。

 

そこから1枚ずつの分量に生地を分けておいたのに、少し重なっていただけでくっついてしまいました。そのあと、どうにかはがして伸ばして粉を振って完成した!と思ったらまたまたくっつき、1枚ずつはがすことは完全に不可能な状態に。

 

これはオットさん帰宅後の出来事で、「失敗した」といいながら涙が止まらなくて声をあげて号泣してしまいました。

 

オットさんは優しく、「いつもチャレンジしてくれてありがとう」「何か別のものに使えるから大丈夫」「今度は2人でつくろうね」と言ってくれ、しかもお風呂あがりに自転車でささっと餃子の皮を買ってきてくれたのです(;_;)

 

大好きなオットさん。ほんとうにありがとうです。

 

 

 

久しぶりに声をあげて鼻水を流して泣いて、27歳の私はいまも、小さいころから変わっていないと気づきました。

 

失敗することを何より恐れる性格で、幼稚園から日直さんのパンダの名札を付けたまま帰宅してしまうとこの世の終わりのように泣いたり、小学校ではテストで恥ずかしい間違いをしたと気づいたら「もう学校に行けない」と泣いたり、中学では夏休みの水やり当番を忘れて「怒られちゃう」と言いながら1日中泣いていた私。

 

今はどうにか大人になったつもりでいるけれど、本質は変わらず。なのでした。

 

なにか新たな失敗につまづくような生活をしていなかっただけ。だと思います。

 

 

 

あと何か月かで親になる私。

 

たぶん失敗ばかりするでしょう。

 

これからは失敗をするたびに泣いて解決することはできないので、失敗を恐れる自分とうまく付き合わなければいけないと思いました。

 

完璧を目指さずに。

こどもと同じで私もお母さんになるのははじめてのこと。

一緒に成長しよう!と前向きな気持ちでいたいです。

 

 

そんなことに気づかされた餃子づくりでした。

 

 

いつか、親子みんなで笑いながら餃子をつくる日が来ますように☆

 

 

散歩をしながら。


仕事をやめて1週間。

 

今までは徒歩で職場まで行っていたので自然と運動の機会があったのですが、今はなにも用がなければ部屋にこもってしまう状況です。

 

暑かったり、雨だったりの日々ですが、この1週間はどうにか気持ちを奮い立たせて散歩ができています。

 

田舎なのでカフェなどもなく、歩き回れるようなお店もありません。それに加えて田舎なのに公園もベンチもなく…。目的地は本屋さん、図書館、レンタル屋さん、スーパーくらいで、日替わりで目的地を設定しています。

 

 

今日はスーパーへ。

 

道中、道端に停まったトラックからおじさんが走り出てきて、道を聞かれました。

 

かんかん照りの日に歩いている人も少なかったようで、こんな私でも役に立てたかなとすこーし嬉しくなりました。

 

日中は誰とも話すことがないので、おじさんともう少し話したいなという気持ちになりました。知らない人とちょこっと話すのは楽しいものです。

 

 

スーパーでは短冊飾りを目にして、今日は七夕だと気づきました。

 

こどもの字で力強く書かれた「がっこうのせんせいになる」「かんごしになりたい」という願いが印象的でした。


27歳の私の目標はなんだろう。と考えてみました。

 

あと数ヵ月で母親になりますが、明確な母親像があるわけではなく…。

 

でも、ひとつだけ目標にしたいのは、「お弁当をつくれる母親になる」ことです。

 

自分のためにスカスカで冷凍食品ばかりのお弁当しか作ったことのない私。

こどもにはおいしくて彩りのあるお弁当を。と思っています。がんばるぞ。

 

そんなことを考える散歩でした。

お仕事おわり。

妊娠6か月に入りました。

 

胎動がわかるようになりました。ぽこぽこ、うにうにといった感じです。

 

 

6月いっぱいでパートのお仕事を辞めました。

 

1年も続けなかったけれど、今日で終わり。となると別れは寂しいもの。

 

「お世話になりました」の声もすこし震えてしまいました。

 

本当はもう少し頑張れたけれど、これから暑くなるし、このタイミングで辞めることができて良かったと思います。

 

 

7月からはほとんどが自由な時間。

 

産婦人科の看護師さんからも「お仕事辞めたらゆっくりしててね」と言われ、やった~(#^^#)ゆっくりしよう~♪と、私の心はふわふわしています。

 

ゆっくりと、赤ちゃんを迎える準備をしようと思います。

 

赤ちゃんはたぶん女の子とのこと。

 

私の母は、私が小さいころ服を手作りしてくれました。今でも鞄や小物を作ってくれます。私もそういうことができる親になりたいので裁縫に挑戦してみたいと思っています。

 

 

そして、仕事はまた何年か経ったらやろうと考えています。

 

1年前辞めてしまった正社員での仕事。

 

せっかく頑張って資格をとったのに辞めてしまったこと、時間が経ってすこしだけ後悔の気持ちがでてきました。

 

もう一度くらいは挑戦したいです。

 

またあの仕事をするために自信をつけたいので勉強も再開していきます。

 

 

時間的な余裕はできたけれどやりたいことはたくさん。

 

楽しんでいきたいです。

ごはんのこと。

妊娠18週目です。

 

お腹がしっかりと大きくなってきました。

 

胎動はよくわかりません。
ぽこぽこするようなしないような…。

 


最近気になるのは食事の栄養バランス。

 

鉄分とかビタミンとかどう摂ればいいのかわからなくて、妊婦のごはんの本を借りてきました。

 

本だから当たり前ですが、なんだかすごく完璧なごはん。お肉は1食何グラムなんて気にしなくちゃいけないなんて…。

 

これを完璧にやろうとしたらおかしくなりそうだし、絶対に無理です。

 

いまはまだ適正体重の範囲内だし、気にしすぎないようゆるくやっていきたいと思います。


昨日の夕飯はハンバーグだったので、少しだけ気をつかって、今日はお魚にしようと思います。

5か月いろいろ。

妊娠5か月目に入り、すっかり体が楽になってきた感じです。

 

仕事から帰ってきてごはんも作らずベッドに直行して寝ていた日々が懐かしいです。

 

今はごはんもほとんど何でも食べられるようになりました。

 

 

 

先日は、洗濯槽の掃除がしたい!とずっと思っていたのをやっと実行できました。

 

洗濯槽からどっさりとれた黒カビにはショックを受けましたが、このまま生まれてくる子の服やらお布団やらを洗っていたと思うと恐ろしいので、掃除できてよかったです。定期的にやらないとみたいです。あとは風呂釜(?)の掃除もしたいです。

 

 

 

おとといの戌の日には安産祈願に行ってきました。

 

5か月に入りたての私のおなかはまだまだ目立たなくて、他のおかあさんたちのおなかがとても大きくて見とれてしまいました。

 

5か月でもあんなに大きくなるのか…!とどきどきです。

 

 安産祈願に行って、親になるんだという意識がつよくなりました。

 

 

 

そろそろ3週間ぶりの検診。

 

オットさんも初めて一緒にエコーを見れそうなので楽しみです(*^^*)

 

 

 

 

 

 

やりたいこと。

妊娠4ヶ月に入り、検診の間隔も開き、赤ちゃんの様子がわからない日々を過ごしております。

体調は、かるいつわりがずっと続いている感じと、のどに何かが詰まって深呼吸をしたくなる感じが続いていますが、ここ数日は少し楽になってきた気もします。


昨日は本を読むことに集中できましたし、今朝は雑誌を開いてこれからこんなことをしたいなぁーと考える余裕もありました(^_^)


いま考えているこれからやりたいことは、ノートに日々を記録すること。


みたもの、つくったもの、食べたもの、行ったところなど…それともちろん子どもとの生活を記録したいのです。


日々を大事にするためと、そしていつか子どもと一緒に見れたらいいなという想いで始めてみたいと思います。

 

 

大きな産婦人科。

 

妊娠11週目に入りました。

 

冷えるのでまだタイツを履いていますが、すこしきつくなってきたようです。

 

 

今までは小さな産婦人科に通っていましたが、分娩施設のないところだったので、分娩施設のある産婦人科へ行くこととなりました。

 

初めての大きな産婦人科には、お腹の大きいお母さんや、小さな子を連れたお母さんもたくさんいました。

 

今までの小さな産婦人科ではお腹の大きい人をみることはなかったので、なんだか圧倒されてしまいました。

 

みなさん「ママ」らしくみえる。

 

初めての病院で、どこからどのように呼ばれるかもわからなくてきょろきょろして、知らない看護師さんや先生にどきどきして・・・。

 

私はこんなにびくびくしていて大丈夫だろうか・・・思ってしまいました。

 

 

でも、これから少しずつ新しい病院にも慣れて、お腹がおおきくなってきたら、私もみなさんのように「ママ」らしく見えていくんじゃないかな。と期待していようと思います。

 

 

新しい病院でみた赤ちゃんは3Dのように立体でした。

 

手を顔の前にあてて、泣いているように見えました。

 

よく泣く私と似ているのかなと思いましたが、私よりも明るく、笑顔な子であってほしいので、私も目標の「ポジティブに」を忘れずにいきたいです。